508号沿い 100円ローソン跡地

歯周病

歯を失う原因

歯を失う原因の第1位は「むし歯」ではなく「歯周病」です。
40歳以上の日本人の約80%以上の方がかかっているといわれており、歯を支える骨などの組織が壊されてしまうとても恐ろしい病気です。
歯を失ってしまう大きな要因として、歯周病は初期から中等度はほとんど自覚症状がなく進行していきます。
そのため自覚症状が出る頃には症状がかなり進行している場合が多く、手遅れになってしまう場合があります。

こんな症状ございませんか?

  • 口臭が気になる
  • 口の中がネバネバする
  • 歯みがき時に歯ぐきから血が出る
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯と歯の間に物が詰まりやすい
  • 歯がグラグラする
  • 歯がしみる
  • 歯が浮いたような気がする
  • 歯並びが変わった気がする
  • 歯が長くなった

上記に当てはまる方は
歯周病の可能性があります。

歯周病の原因と進行

歯周病の原因と進行

歯周病の主な原因は細菌の塊である歯垢(プラーク)です。
歯と歯ぐきの境目に歯垢が溜まると、バイオフィルムという膜を貼りその中で細菌が毒素を出すことにより、歯周組織を壊していきます。
自覚症状がほとんどないので腫れや痛み、歯が動いた感じがするなどの自覚症状が出てくると症状はかなり進行している段階です。

歯肉炎、軽度歯肉炎 中度歯肉炎、重度歯肉炎

歯周病を治療するためには、
いかにお口の中の細菌を
減らすことができるかがとても重要です!

歯ぐきから出た血をエサに歯周病原菌は活発に働きます。また、出血し炎症が続くことで慢性疾患となり、気が付かないうちにどんどん進行してしまいます。定期的に受診していただくことで、歯周病の早期発見・早期治療に繋がります。
ブラッシングの上達、歯周病治療を行うことで、歯茎の炎症を抑え、歯茎からの出血を止め、歯周病の寛解を目指しましょう。

歯周病が全身に与える影響

歯周病が全身に与える影響

歯周病は、細菌が唾液や血液から体内に入り込むことで、口腔内だけではなく全身の健康にも影響を及ぼします。
しっかり噛むことができず肥満や認知症の原因となる可能性や、血液循環が悪くなることで、糖尿病や心疾患を引き起こす恐れもあります。
また、感染症のためご自身の子どもへ感染させてしまうケースもありますので、ご家族の健康のためにもケアを行い、未然に歯周病を防ぐことが大切です。

その他の原因

  • 咬み合わせ
  • 噛みしめ癖や舌などの癖(悪習癖)
  • 喫煙歴
  • 栄養状態

歯周病はきちんとケアを行い予防することで防げる病気です。
身体の健康、お口の健康共に健康な体つくりを目指しましょう!

当院の歯周治療

基本治療

歯と歯肉との間に隙間である歯周ポケットの深さを測定するプロービング検査やレントゲン写真により骨の状態を確認し、歯周病の検査を行います。検査の結果から、患者様のお口の状態に合わせて治療を進めます。

歯石除去(スケーリング)

01.歯石除去(スケーリング)
[約2回]

スケーラーという専用器具を用いて歯の表面に付着した歯垢や歯石を除去します。
歯石は歯みがきでは取り除くことができないため、定期的に歯科医院で除去を行う必要があります。

保険内診療

SRP(ルートプレーニング)

02.SRP(ルートプレーニング)
[約6回]

スケーリング後必要と診断された場合、歯周ポケット内部や歯根に付着した歯石や細菌を根の表面から細かいところまで取り除いていき、歯の表面を滑らかに仕上げます。

保険内診療

ブラッシング指導

03.ブラッシング指導

ご自身で行う毎日の歯みがきは、歯周病予防に欠かせないものであり、むし歯の予防にも繋がります。
スケーリング、SRPと並行して担当衛生士が患者様の歯並びに合わせたブラッシング指導や、歯間ブラシ、デンタルフロス、タフトブラシなどの補助用具をご提案させていただきます。

保険内診療

歯周組織再生療法

当院では、歯周病が重度まで進行していた場合、患者様の口腔内の状態に適した外科的治療を行います。
外科的治療を行った後、歯周病が改善されたら定期メインテナンスに移行します。

エムドゲイン(保険適用外)

歯肉を切開し、溶けてしまった顎骨にエムドゲインという薬剤を直接塗布することで、歯槽骨という歯周組織を再生を促す再生療法です。

50,000円(税込55,500円)~
100,000円(税込110,000円)

リグロス(保険適用)

エムドゲイン同様、歯肉を切開しリグロスを直接塗布します。リグロスは細胞を増やす成長因子の作用により歯周組織の再生を促します。

歯周病を防ぐために

歯周病を防ぐために

歯周病は、毎日の歯みがきによるセルフケアに加え、定期的にメインテナンスを行い、口腔内を清潔に保つことで、予防することができます。
当院では患者様のお口の健康を維持していくために、デンタルノートを用いて定期検診やメインテナンスの記録を行い、ご自身の歯でいつまでも美味しくお食事ができるよう、サポートいたします。

point

大人の歯は28本あります。
1本でもなくなると、そこからどんどん負の連鎖が起き、多くの歯を失う恐れがあります。
ご自身の健康な歯を1本でも多く残すためには、歯周病を寛解し清潔な口腔内を保っていくことが大切です。
少しでも気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

電話する
アクセス